ナビゲーションを閉じる ナビゲーションを開く

エルテスロゴ

  1. TOP
  2. IR
  3. 個人投資家の皆さまへ
  4. 歩み

エルテスとは

事業

Read More

歩み

Read More

強み

Read More

戦略

Read More

エルテスの歩み

当社は、「リスクを解決する社会インフラの創出」をミッションに、リスクに特化したビッグデータ解析技術を基に、企業を中心としたあらゆる組織が晒されるリスクを解決するためのソリューションを提供しています。
インターネットにおけるネット炎上、炎上によるレピュテーションダメージ、情報漏洩、サイバーアタックなどのデジタルリスクは、テクノロジーの発展とともに、その副作用として発生しており、ソーシャルメディアの普及やデバイスの高度化によって、さらに加速しています。
当社は、データ解析技術とコンサルティングを通して、あらゆる組織がリスクによる不利益を被ることなく、安全に安心して活動できる社会の実現に、当社自身が不可欠な存在になることで貢献したいと考えています。

年平均成長率44.8% 年平均成長率44.8%

創業期: 2004年 - 2010年

ネット炎上事例等のソーシャルリスクに特化したビッグデータを収集開始

旧㈱エルテスは、2007年3月より、ソーシャルリスクコンサルティングサービスとして、いわゆる「炎上」を鎮静化するためのコンサルティングとレピュテーション回復、ブランディング再構築に向けたサービスを提供してまいりました。
当社サービスの価値を更に向上させるべく、炎上原因の分析や危機対応の評価のための事例研究を行い、社会や顧客へ情報提供することで、リスクマネジメントの必要性と重要性に関する啓蒙活動と解決策提案に努め、当社サービスの認知度向上を図るために、ネット炎上事例等のデータの収集と蓄積を開始しました。

変革期: 2011年-2012年

リスクモニタリングサービスを開始

2010年頃より、iPhone等のスマートフォン、Twitter等のSNSの普及が相俟って、ソーシャルメディアが活性化し、その伝播力が増大したことに伴い、いわゆる「ネット炎上」による企業の危機発生件数も増加致しました。そのため、企業防衛の観点から、Web上の評判管理に対する意識が高まり、平常時からのモニタリングというニーズが生じました。
しかし、単にモニタリング結果を入手するのみでは、対処方法が確立されていない企業においては、意思決定が困難となります。当社では、更なる需要を掘り起こすため、ネット炎上の発生を早期に検知するだけでなく、リスクを検知し回避する問題解決型のサービス提供を行いました。それまでに、培った多様な事例を基礎に、顧客の適時的確な初動対応を支援する危機対応コンサルティングまでを含めて、ソーシャルリスクモニタリングサービスとして、提供を開始しました。

成長期: 2013年 - 現在

ソーシャルリスクマネジメント・クラウドサービス「エルテスクラウド」をリリース(2013年)

エルテスクラウドは、ソーシャルリスク監視ツールであり、検索結果の表示状況を自動取得し、その結果を確認することができるツールです。ユーザー自身がWebのレピュテーションを監視・分析できることに加え、その改善施策をエルテスへ依頼することも可能であります。これにより、企業は負担を掛けることなく自社にとってのリスクとなり得る情報を含んだウェブサイトの危機検知を行うことができ、また危機発生後の対策までも一貫して提供することが可能となります。

リスクインテリジェンスサービスを提供開始(2016年)

当社が強みとする、リスクに特化したビッグデータ解析によるソリューションには様々な可能性があります。リスクが顕在化した場合に解決する事後的な対応から、リスクを発生段階で捉えて損失を最小化する予防的な仕組みを開発してきた経緯から、リスクの予兆を察知して、潜在的なリスクに備えようとするアプローチは、弊社のノウハウが活かせる手法です。情報漏洩や社内不正は企業経営に与える影響度が甚大であり、防止や発見が強く求められますが、大きな損失を生じた事案の多くは内部者が関与しているものと考えられます。このため、事後的な発見や外部に対する予防策だけでなく、未然の抑止が望まれます。そこで、内部者の行動パターンを認識し、情報漏洩等のリスクの予兆を察知する本サービスを開発し、開始しました。

これからのエルテス

ソーシャルメディアの多様化や伝播力の拡大に伴う、企業等によるソーシャルマーケティング活性化とリスクマネジメント意識の高まりを背景に、引き続きソーシャルリスク事業に経営資源を投下し、付加価値の向上、顧客数増加に合わせた営業体制及び提供体制の強化に努め、事業の拡大と収益力の強化を図ります。
また、テクノロジーの発展に応じて発生した新しいデジタルリスク領域が発生しております。特にFin-techの発展に伴う金融犯罪、重要インフラのインターネット化であるIoTにおけるサイバーテロ、マイナンバーに代表される情報のデジタル化によるサイバーインテリジェンス等に対してセキュリティマネジメントが求められております。かかる環境下、当社が強みとするリスクに特化したビッグデータ解析によるソリューションには様々な可能性があると考えており、新規ビジネスの創出に取り組んでいきます。

ページトップへ