ナビゲーションを閉じる ナビゲーションを開く

エルテスロゴ

  1. TOP
  2. IR
  3. 経営方針
  4. エルテスの経営方針

エルテスの経営方針

リスクを解決する社会インフラの創出

当社は、「リスクを解決する社会インフラの創出」をミッションに、リスクに特化したビッグデータ解析技術を基に、企業を中心としたあらゆる組織が晒されるリスクを解決するためのソリューションを提供しております。

スマートフォンやSNSの普及に伴い、いつでも誰でもインターネット上での情報発信ができることになりコミュニケーションは多様化しました。他方でその発展の副作用から、情報漏洩や不適切な投稿等に伴う、ネット炎上等で被害を受ける個人や企業が後を絶たない状況にあり、重要なインフラストラクチャ―としてのインターネットの信頼性を回復させることが社会的な重要課題となっております。

このように、インターネットにおけるネット炎上、炎上によるレピュテーションダメージ、情報漏洩、サイバーアタックといったデジタルリスクは、テクノロジーの発展に伴い発生してきました。これらは、ソーシャルメディアの普及やデバイスの高度化によって、さらに加速しております。当社は、データ解析技術とコンサルティングを通して、このようなデジタルリスクを解決し、社会的な課題を解決し、社会の危機を未然に防ぐことを目指しております。

エルテスの経営テーマ

エルテスでは、「サービスの認知度向上」 「新サービスの開発」 「人材の強化」「社内管理体制の強化」の4つの経営テーマを柱に経営戦略の実現を目指します。

① サービスの認知度向上

今後も高い成長性を維持していくために、当社では費用対効果を見極めながら、広告宣伝活動及び広報活動に積極的に取り組んでまいります。SNSの利用率の増加に伴い、企業によるソーシャルメディアマーケティングも活性化しておりますが、同時にソーシャルメディアの有効活用のために、ソーシャルリスクに対する管理体制の整備が求められます。このような環境下、当社サービスの拡販には、企業を取り巻くソーシャルリスクを正しく理解して頂くことが重要であると考えております。

当社は、通常の営業活動の他、ソーシャルリスクに対する研究成果を各種メディアやWeb媒体等を通じて広く情報提供することにより、社会にリスクを周知し、それらに応じた適切な管理を促す活動に取り組んでまいります。また、全てのサービスにおいてパフォーマンスの高いサービスを提供し顧客満足度を更に高めて、継続的な取引をして頂くことで、顧客や市場からの認知度を高めてまいります。

② 新サービスの開発

テクノロジーの発展に応じて発生した新しいデジタルリスク領域、すなわち、Fintechの発展に伴う金融犯罪、重要インフラのインターネット化であるIoTにおけるサイバーテロ、マイナンバーに代表される情報のデジタル化に対するサイバーインテリジェンス等についてセキュリティマネジメントが求められております。このような環境下、当社が強みとするリスク検知に特化したビッグデータ解析によるソリューションには様々な可能性があると考えており、企業の競争力にも影響を与える重大なリスクを解決するための新規ビジネスの創出に取組んでまいります。

組織内部の不正を検知するため、ログデータから内部不正の予兆を見つけ実行を阻止する事前回避型のアプローチを提供する等、市場や顧客の潜在需要を予測し、掘り起こすサービスを開発してまいります。加えて、専門性を持ったパートナーとの連携を推進することにより、既存サービスの領域拡大と新サービスの展開を早期に図ることで、既存顧客へ付加価値の提供を拡充し、新規顧客の獲得を図り、優良なサービスを継続的に提供してまいります。

③ 人材の強化

継続的に企業価値を高めていくため、業容拡大に向けた人材の強化が重要であると考えております。法人顧客が中心となるため、コンサルティング部門や営業部門を更に強化していく必要があります。

また、付加価値の高いサービスの提供のため、ビッグデータ解析やインターネット関連の技術を持つ人員の確保も必要不可欠であります。そのため、採用による増員を行うと同時に、継続的な社員教育を行い、能力向上の機会を増やし、人材の育成及び強化を行ってまいります。また、実力ある人材に積極的に責任のある役割を任せる等、人事制度の構築や権限移譲の促進による組織力の強化に取り組み、組織の活性化を図るとともに幹部候補の育成に努めてまいります。

④ 社内管理体制の強化

上場企業として相応しい組織的な管理体制を継続的に運用していくことが重要であると考えており、経営の公正性や透明性を確保するために、内部統制システム強化に取り組んでまいります。

また、積極的な採用により、従業員が増加し、組織規模が拡大することが見込まれるため、社内管理体制の充実やシステム化が必要不可欠であると考えており、管理機能の補強やシステムの強化を引き続き実施してまいります。

ページトップへ